もういいでしょ。

ホントだって。
by yagoto
カテゴリ
日々の話
株の話
本の話
懸賞の話
家の話
パチンコの話
以前の記事
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧


釣り

「男親として子に教えるべきものが3つある。

それはキャンプとベースボール、

そしてフィッシングだ」

と、相川翔が5年くらい前に言ってました。

なぜ英語かは不明ですが、

まあそうなのかもしれません。

さて、最近のボクですが

それとは無関係に釣りにハマっています。

ここ2ヶ月ほどは毎週のように行っています。

釣りと一口に言っても色々ありまして

最近の流行はやっぱ湖沼でのバス釣りなんですかね。

私はスポーツフィッシングしてますよ的な

洒落た服装に身を包み

ルアーをシャッと投げて、

キャッチ&リリースみたいな。

他にも釣りの王道と言われる海も良いですね。

てか、王道ってのは適当に

思いつきでオレが言っただけですけどね。

ココ、こーいうの多いから注意してください。

海なら堤防なんかでファミリーな釣りもアリでしょうし、

金があれば松形弘樹的なのもアリですよね。

自然との一体感という意味では

渓流釣りが間違いなく一番です。

釣りは、池、海、川、全ての水場で楽しめるんですよね。

で、僕ですか?

ボクはもちろん釣堀ですよ。

釣堀サイコー。

いっつも汚いプールみたいなとこで

釣り糸たらして、濁った目の鯉を釣って

グヘヘと悦んでますよ、ボクは。

だって海や川なんて遠いじゃないですか。

やっぱ思った時にフラっと行きたいモンですよ。

しかしまあ私も大人ですから、

そこはなんとか100歩譲って我慢したとしましょう。

では2時間かけて海まで行きました、と。

でもね、海に店員いないじゃないですか。

竿とかエサどうすんのよ、オレ。

ってなっちゃうわけです。

買えよ!って感じだと思いますが

既に持ってるので買いません。

じゃあ持ってけよ!って?

嫌です。それが嫌なんです。

色んな道具を準備して、

早起きして2時間かけて釣り場まで行って

その上たいして釣れないって最悪じゃないですか?

釣れるからの「釣り」であって、

釣れなかったらそれはただの「たそがれ」ですよ。
[PR]

by yagoto | 2007-09-12 12:20 | 日々の話

無駄

仕事から帰るといつも9時くらいです。

それから晩飯を作って一息つくと、

もう10時です。

ハッキリ言って、

仕事行ってウンコして寝るだけで一杯です。

そんななか、僕の貴重な余暇を潰している馬鹿者がいます。

リネージュです。

ほとんどプレイして無いにもかかわらず、

プレイヤー辞典とかのHPは見てしまいます。

100%時間の無駄なので

リネ関連のお気に入り登録を全部削除しました。

実際のプレイ時間としては

500円のタイムチケットが数ヶ月持ちますね。

去年の9/29に買った2K円のウェブマネーが

まだ有りますよ。
[PR]

by yagoto | 2007-09-11 22:36 | 日々の話

焼肉でヤケド

金曜の焼肉で上あごをヤケドしました。

飯を食うたびに物が当たるので

すっげー痛いし、全然治る気配がありません。

しかもかなり奥の方なので

その部分を回避して飲み込むというのは

不可能に近いのです。

できるだけそこに当てないように前の方で

集中して噛んでいたら今度は唇を噛んでしまい、

もう何をしても痛いし、沁みる。

これを治すには断食しかない気がします。

せっかく近いうちにパセ○に行って、

先生とビリヤードでもしようかと思いましたが

今の僕には無理なようです。

カリカリ、サクサクの豚カツなんて食べたら

絶対血が出ると思います。
[PR]

by yagoto | 2007-09-05 22:21 | 日々の話

ビリ引退

(9/28からの続きです)


自分でも驚く事にちゃんと続きを書いちゃいます。

んで、初めて他流試合をする事になったんですよ。

みなさん、覚えてますか。ビリヤードのお話ですよ。

知らない人はいないと思うけど

最もポピュラーな遊び方であるナインボールのルールを

超簡単に説明しときます。

手玉と1番~9番までの番号の付いたボールを使い、

9番を落とした人が勝ちです。

以上。

当然、勝たないと意味がありませんから

仲間内でやる時は9番を積極的に狙っていきます。

自分が落とせそうにない位置に9番があるときは

他の玉を落として刻み(他の玉を落とすと

連続で打てる)

どうしてもダメな時は

次に打つ相手が嫌がる場所に手玉を配置し、

落とせるなら落としてみろギャハハってゲームです。

誰がなんと言おうとこれが正しい遊び方です。

なんでも同じですが、

少ないリスク、労力で

最大のリターンを得なければダメです。

勝てるときに勝つ。コレです。

ところがどっこい、他流試合は違ったんですよ。

最初にボクがブレイクして

2番だか3番だかが落ちたんで

連続して打つ事になった。

で、9番は狙えないトコにあったんで

1番を落とした。

難しくもなく、なんでもないショットだったんだけど

メガネ君から信じられない声がかかった。

「ナイスショット」

ええ?なんですかそれw

それからというものメガネ君は、

僕に連続で入れられ、本来なら「ウゼー」という場面で、

「ナイスショッ!」と言い、

僕が痛恨のミスをして「ヒャッホー」と悦ぶべき場面で、

「ああ、おしいー」と真顔で言い続けた。

接待ゴルフじゃあるまいし、すげーキモイんですが。

いったい何が目的だよ。

それからというもの、

メガネ君及びその他常連に絡まれるのが怖くて

その店には行けなくなりました。

そして自然にビリヤードとボクの距離は離れ

もう何年もやっていません。
[PR]

by yagoto | 2007-09-03 23:48 | 日々の話

超パ○リ

例の爆食豚カツ屋に無性に行きたくなって

20時頃にお誘いのメールをケンにすると

「いいねぇ」との返事。

後で聞いたところによると

この時家に居たケンは

まさに晩飯を食い終えた瞬間だったという。

全然「いいねぇ」じゃねーだろ。

その後、ハブ先生もお誘いし

3人でパセ○まで行ってみると

なんと今日から金土日の3日間臨時休業。

んなアホな。

オッサン3人がスキップしながらわざわざ来たのによお、

その仕打ちはないぜ。

金土日って、おま、ぜってー家族旅行だろ、え?

TVチャンピオンの取材が来たからって

チョーシに乗ってんじゃねーぜ。

その後「餃子の○将に行こーぜ」という俺に対し、

ハブ先生が「私、エサは食べれません」と却下。

そして王○の餃子の主原料はオカラであるとの持論を展開。

その言い分は「だって肉の味しますか?」である。

たしかにあそこの餃子作りをみていると

餡が異常に白いんだよね。

普通の豚肉使えば赤いハズだし

白い肉って何なんだ?って思ったことがある。

脂身と鳥皮くらいしか思い浮かばなかったが

オカラなら説明が付かなくは無い。

オカラのステーキとかもあるしね。

オカラに脂身を混ぜて肉っぽくして

ニンニクで香り付けすれば

結構いけそうな気もするなあ。

「肉の味しますか?」と詰め寄る先生に

そんなの意識して食べて無いし、

明確に返答できないで居ると

「でも美味ければ良いんです」と

自ら答えを出す先生。

王○はエサじゃなかったのかよ!


結局「肉って気分じゃない」というケンを

「お前はもう晩飯食ったから良いんだ」と説得し焼肉屋へ。

この店、炭火である事を売りにしてるっぽいんだが、

例によってチクワ状の練炭?を使っている。

これじゃー炭焼きの味は出ねーよな。

俺とケンがライス大を注文したら

ラーメンサイズのドンブリご飯がやってきた。

「これ多くね?」というケン。

確かに多い。

初めて行った店で

ライスのサイズを注文前に正確に判断するのは難しい。

自分の思い描いたサイズが来る事はほぼ皆無。

え?これホントに大ですか?と聞きたくなるような

一般サイズが来たり、

逆に今回のような事になったりする。

早いとこ規格を統一しないとダメだね。

このままではきっと日本はダメになる。

その辺の判断は「店員に聞く」というのが

最も安全策となるが

何が来ても食えるというおごりがある我々

(正確に言うとケン)が

一々聞くはずが無い。

次善策として「他の客の食ってるのをみる」ってのがあるが

客足も疎らな今回のような場合は使えない。

最終手段は「己の嗅覚にたよる」となる。

その店の雰囲気などで推理し注文する。

今回の店で言うと

排煙装置もほとんど無く、

小汚い店づくりが労働者を感じさせ、

大盛りを予感させる。

学生街ということも大盛りポイント1だ。

その反面、価格設定は全体的にかなり高く、

牛タン1575円は衝撃プライス。

一般的に価格と食い物の量は反比例する。

全体価格が高い店ほど

何故か量は少ないのだ。

俺はそこを重視し大をチョイス。

ケンはきっと何も考えず大。

先生は控えめに中だ。

それが今回の結果になった。

先生の中が普通のドンブリで来た時に

正直、大かと思った。

俺はコレはちょっとやばいなーと思いつつも結局完食。

途中で肉の脂の拒否反応が出てキムチを使用。

方や、家メシを食ってきたケンシ口ウ君は普通に完食。

そして先生のご飯横取り。

プラスとどめのお代わり大。

あり得ません。

結果的には誰よりも食ってました。

お前確か「肉って気分じゃない」って言ってたよな!
[PR]

by yagoto | 2007-09-01 10:53 | 日々の話