もういいでしょ。

ホントだって。
by yagoto
カテゴリ
日々の話
株の話
本の話
懸賞の話
家の話
パチンコの話
以前の記事
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:本の話( 11 )


eva

すみません。

絵場ん下痢おん 面白かったっす。

痛いとこ、キモいとこ、も多いけど。
[PR]

by yagoto | 2012-01-10 22:18 | 本の話

manga

ドラゴんぼールを読み終えました。

読みやすい。

今は、絵場ん下痢オンを読んでんだけど

ぜんぜん理解不能。おもんない。

一瞬面白くなりそうな気がすることがあんだけど、

ホントにそれは一瞬ですぐ萎える。

まだ4巻ぐらいしか読んでないけど

けっこーストレス。

ほら、マンガ1ページめくって

カバーの裏?に作者のコメント欄みたいなのあるじゃない。

あっこに書かれている文章からしてちょっと痛い。

まあ人それぞれってこと。
[PR]

by yagoto | 2012-01-05 21:21 | 本の話

慰留2

慰留読破。

おもろかったけど

キャンペーンのプレゼント品のくせに

印刷から3年前後経ってるのが気にいらない。

日焼けしてるものまである。

本屋の返品もんじゃねーかよコレ。

体よく在庫処理じぇねーか。

他のメーカーは刷ったばっかの送って来てるぞ。

ふざけるな小学館。
[PR]

by yagoto | 2011-01-22 22:23 | 本の話

慰留

つづけて漫画。

ぎん玉を読む。1巻で終了。

ジャンルが違うとか、

個人の嗜好と言われればそれまでだが

葉がねの連金を読んだ後には読めない作品。

じゃれ合いオンリー。

即処分決定。ゴミです。

さらに、期待ゼロで居流を読む。

医者系漫画でありがちな内容も多く、

アレのパクリじゃん、とか思うものもあるが

漫画に詳しくないので

実際どっちが先の作品かはわからないし、

何より、アレが何なのかが思い出せない。

普通におもろい。

コレは全巻いけますね。
[PR]

by yagoto | 2011-01-16 07:27 | 本の話

葉がねの連金

もうすぐ大量に本が届くので処分するため

去年入手した葉がねの連金術氏を読んでみる。

途中途中で、ヒロインと主人公が

じゃれたりするのが邪魔くさいが

かなりオモロイ。

あっという間に完読。

鬱陶しいジャレあいも、まあ許容範囲。

ジャレ具合で最悪だったのが

本とは関係ないが、

非具らしの無くころに。

ノベル系サスペンスホラーっぽいゲーム。

どっかで面白いという噂を聞いて

無料版をやってみたのだが不愉快の極致。

主人公(男)が閉鎖的な村に引越しして

女ばっかの学園生活あたりで殺人事件が起こるという

オタゲーだから仕方ないが、

ホントに忍耐のいるゲームであった。

ストーリーだけ読みたいので

本筋に関係ないっぽい部分はクリック連打。

そして結局、忍耐不足ゆえに事件の起きる前にEND。

これで歓んでる奴の気がしれない。

それでは、あらすじだけネタバレサイトで読もうと思って

読んでみたら驚いた。

実は語り部である主人公は狂人で

全部被害妄想、思い過ごし、

だから自ら人を殺したのです。

あり得ない結論。最悪だ。

これならどんな難事件でも

犯人は頭おかしいから、で済んでしまう。

ジャレもウザイが内容も最悪。

なんでコレが人気あんの?

しかも続編をザッとみてみると

実は双子でした的なものや、

未知の風土病が流行ってみんな死亡という、

どれもこれも信じられない内容。

「のっくスの十戒」っつー

ミステリーではやってはいけない10か条があるんですが

これ全部入ってますよ。
[PR]

by yagoto | 2011-01-11 23:02 | 本の話

話題の本

あの著名人Mの書いた本が話題ですね。

そこそこの出版社の

文学賞の大賞を取ったってアレです。

しかも大賞は今まで出たことが無く史上初。

(コレにはショ異説あり二人目という話も。

面倒なので調べない。まあ、そのくらいスゴイ賞っつーこと)

しかし、これが大コケらしいですね。

今まで純粋に「大賞、スゲーなあ」と思ってたんですが

読んだ人の多くがボロくそ言ってます。

それは全然読む気が無かったのに

逆に読みたくなるほどです。

著名人だけにアンチの人もいると思いますが、

それでは片付けられない量の批判。

尼損のレビューを読むと

割としっかりした批評が多く、

書いた人が嫌いだから作品も嫌い、的な

アンフェアな物はザっと見た限り見当たらない。

作品を読んでないのに言うのはアレだが、

どうやらホントにダメっぽい。

5点満点のレビューの平均は2.5。

ボロクソの割りに高い気がするが、

1点を付けてると尼損に

比較的高確率で削除されるらしい。

高い点に保とうとする見えないチカラがある。

(これはあくまで間違いだらけのネット上の

情報をそのまま書いてるんで事実はわかんない。

ただレビューが大量に消されてるのは事実っぽい)

これがクソ作品だとすると

あの出版社の「顔合わせで初めて筆者がMと知った」

というのは大嘘になり、

金儲けのためにMに大賞をあげた、というのが事実になる。

こうなると可愛そうなのはM本人。

レビューではM個人を悪く言う人も居たが、

ソレは完全にお門違い。

Mは完全に被害者でありピエロ。

他の応募者と同様に一生懸命書いて応募しただけ。

悪いのはあくまで出版社。

一転して尼損ではなく落点のレビューを見ると

5点満点中4.5と超高評価。

なんじゃいそれ!と見てみると

レビューの質がかなり低い。

早く本が届いたから5点、とか

これから読むから期待の5点、とか

意味わかんねーし。

落点レビューは書いた人にメリットあるんかな。

なんかエサつるして無理やり書かした感アリアリ。
[PR]

by yagoto | 2010-12-19 00:39 | 本の話

ひさびさ

ひさびさに本の話です。

一時期は年間50冊は読んでいたボクも、

今はほぼゼロ。

読んだとしても週刊誌なんかの

マユツバものの芸能ニュースとか、

噂話を立ち読みするぐらい。

ふと、思いついたんで話が飛ぶけど

先日のエルサレムの「ムラカミはるき」はカッコ良かったですね。

「アンダーグラウンド」以前の作品は

エッセイを含めてたぶん全部持ってますが、

あーいうことするオッサンだとは思ってませんでした。

オッサンに興味をもたれた方には、

月並みですが「ノルウェイの森」をお勧めします。

「死とは生の対極ではなく、その一部なんだ。」(うろおぼえ)

今回の件でノーベル賞に近づいたらしいんですが

「まっ、いいか」と「そんなもんだ」で全ての問題を片付けてたオッサンが

もしもノーベル賞を取ったら、

ボクも なんだかいけそうな気がします。

で、話を戻します。

最近はまともな本読んでませんって話です。

そして、もうこれからずっと読めない気がします。

読む気が起こりませんし、そんな時間ありません。

今、読めるのは単純に好奇心を満たす情報本で

尚且つ、短い時間で読めるもの。

さらにこっちから積極的に「知りたい」ってことは

ネットで調べちゃうので

向こうから「こんなのありまっせ。こーいうの好きでしょ、オタク。」

って提案されないと読む気が起きない。

んで、そんなボクのお勧めは

b0052650_2259699.jpg


セブンで買いました。

たぶんすぐ無くなるんで今から買いに行ってください。

お題の通りの内容です。

バイアグラ、ヘアコンタクト、ロデオボーイなど

怪しい品々を実際に使って効果を試すレポートです。

かなりおもろいんですが、

「ぜんぶ買って試した」という割には、

リスキーなものは

Aさんの体験談形式になってたり、

ライターによっては文章が??だったりして、

この本自体も結構怪しい。

裏モノJAPANって本の別冊らしいんですが、

ボク的には定期購読してしまいそうな高評価です。
[PR]

by yagoto | 2009-03-06 22:30 | 本の話

ほん

b0052650_2155183.jpg「適当日記」
高田純次

ある意味バイブル。
[PR]

by yagoto | 2008-05-28 21:58 | 本の話

ほん

b0052650_2123518.jpg
「ミュータんトメッせージ」
マルろ・もーガン



アボリジニに半分拉致された女性が

彼らと一緒にオーストラリア大陸を、

徒歩で横断した実話をもとにした旅行記。

アメリカではけっこうメジャーなタイトルらしい。

こないだオーストラリアに行った時に、

機内誌で紹介されてたので買いました。

建前はフィクションだが、

一緒に旅したアボリジニを守るため、

フィクションを謳っている節もあり、

ホントのとこはどっちかわからない。

ただ、アボリジニの非科学的な行動・現象※が

※骨折を数日で直す治療
 遠く離れた仲間と会話するなど

多く書かれており、

冷静に考えれば完全にフィクションなのだが

「もしかしてありうるかも?」と

思ってしまうあたりは

だいぶ洗脳されている。

他の人が読んで面白いかは微妙だが、

個人的にはオススメ。
[PR]

by yagoto | 2008-05-22 21:42 | 本の話

ほん

b0052650_7245459.jpg
「Sportive」月刊誌580円

ずっと会ってないバスケ友達から

電話があって

「この本を買え」

とだけ言って切れた本。

ジョーダンが神になった瞬間

ドリームチーム12人の現在

スラムダンク名場面集

など90年代バスケ特集で熱い。

もう燃え尽きてると思うけど

ケンシ口ウ君にもチョーお勧めですね。

僕はまだ読んでませんけど。
[PR]

by yagoto | 2008-04-29 08:22 | 本の話